転職と就職活動者必読ブログ⑦就職面接で聞かれる質問について

 

就職面接の終わりによく聞かれる事に何か他にありますかという質問があります。

 

あと少しで就職面接も終了するという気の抜けかけたタイミングでこの質問があると多くの人はもうありませんと回答するようです。

 

質問をしないということは大きなチャンスを逃していることに気づかなければなりません。



 

実は質問には自分をアピールできる最大のチャンスが隠れているのです。

 

質問を受け付けることで、会社側は採用希望者がこの仕事、会社、業界の動きをきちんと見ているかを見ています。



質問の内容や踏み込み方によって、相手の関心がどこにあるかや本気でやる気があるかが見て取れます。

 

質問は何もありませんという答え方は、ある意味最も評価の低い回答になってしまいます。

 

ただし、定型文すぎる質問やよくある質問では逆にイメージを損ねてしまいかねません。

 

志望意欲の高さが問われている質問ですから、自分のやる気や入社の意欲の高さをアピールできるような質問ができれば、就職面接も高評価につながります。

 

 

新聞などで得た経済情勢と会社の将来ビジョンを結びつけた質問や会社の新サービスや販売商品について、ちょっと見ただけでは気づかないような点を質問できれば、やる気が伝えられます。



自分はどう考えているかを合わせながら質問をすることで、就職面接の効果を高めることができます。

 

最後の最後まで、自分という人材を相手にアピールするのが就職面接の場です。

 

就職面接は質問される立場ですが、受身にならずに積極的にアピールしていただきたいものです。



>リモートワークで憧れの移住生活を手に入れよう!

リモートワークで憧れの移住生活を手に入れよう!

リモートワークで憧れの移住生活が実現できるよう、皆様のためになる日本一のブログにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

皆様のお役に立てるブログでありたいと願っています。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村